パチンコ屋の開店前アルバイトは面白い

GAK85_himawarihatake500

早朝のアルバイトというと新聞配達や工場のラインのイメージが強いと思いますが、私が行っているバイトはパチンコ店の清掃です。

パチンコの開業前に店の中を清掃するのが主な仕事で、私以外に2~3人でパチンコ店の中を一気に掃除してしまいます。

 

行っている内容はモップがけや雑巾がけ、窓ふき、トイレ掃除、灰皿の清掃など色々ありますが、専門知識はまったくいりませんし、業務の流れさえ覚えてしまえば楽なもんです。

 

パチンコ台の内部の清掃は当然専門知識をもった社員が行うようです。仕事の内容は肉体労働となるのでなかなか疲れますし、開店前には終わらせなければいけないので、時間に追われて仕事をすることにはなりますが、数人で行うので時間に間に合わなくなることは今まではありませんでした。

 

接客をすることがなく、淡々と掃除をしていればいいので、気を使うこともないですし、もともと綺麗好きな私にとって掃除は苦にならないので、早朝から体が動かせて、目もさめてお金が手に入るので結構楽しくやれています。

 

早朝なので時給もなかなかいいですし、体力に自信があって、朝に強い人にはお薦めのバイトですよ!

 

パチンコ店ですが、開店前なので音もなく静かですし、タバコのニオイも気になりませんよ。パ

 

チンコ好きの同僚にとっては、新しい台が入った時は仕事後にやりたくなってしまうことが難点とはいっていましたがw

 

私はパチンコはしないので良く分かりません^^単発バイトを探すならコチラ

 

食事で悩んだこと多々あり・・

a0002_010850

私が育児で最初につまづいたのが食事です。

 

上のお姉ちゃんは本当に小食で、母乳を飲む量も少なくて本当に大変な思いをしました。

 

母乳を飲まずに寝てばかりの娘。

 

 

そんな育児だから、1ヵ月検診で体重の増えが足りなくて再検査となりました。

 

 

寝ている娘を起こして無理やり飲ませ、やっと再検査でOKが出た時は嬉しかったです。しかしその後も母乳を飲む量は少なく、毎晩眠っている娘を無理やり起こして母乳を飲ませる日々が続きました。

 

助産師さんから「もう大丈夫」という言葉を貰った時はとても嬉しかったです。

 
しかし離乳食になっても大変な日々は続き、娘はとにかく食べなくて苦戦しました。

 

 

単に「食べない」にも種類があるらしく、「食べむらがある子供」「好き嫌いが激しく、栄養バランスが偏ってしまう子共」「食べる量が少ない子供」。この3タイプに分かれるとの事ですが、娘は単に小食な子、つまり「食べる量が少ない子供」に当てはまっていました。

 

 

 

当時はどうしても食べてほしくて、娘のお気に入りのテレビをつけて食べさせたり無理やり押し込んだりしました。いつの間にか食事の時間がストレスとなり、育児に自信が持てなくなった一番の時期でもありました。

そんな時期も過ぎ、保育園に行く様になってからは娘の食事の量も増えてきています。

 

 

先生に聞くと、やはりうちの子は小食ではあるみたいですが食べムラはなく、日中元気に遊んでいるので食事の量は足りているみたいです。

 

 

今思えば、私も「何とかして食べさせたい」という気持ちが強すぎたのかもしれません。もう少し大きい心で構えてあげれば良かったかな?と思います。

 

 

当時は体重の増加を気にし過ぎて、平均体重よりも少ない娘にどうにか育ってほしいと強く思いすぎていました。

 
今でも小食ながら、お腹の空いた時は自分でもりもり食べてくれるので安心しています。

 

 

食事の時間も楽しいものになっているので、このまま娘なりに大きくなってくれればと思います。

夜泣き・・・頼む寝かせてちょうだい^^

a0001_006361

育児で辛い事は沢山ありますが、まずは赤ちゃんの夜泣きに悩むママが多い様です。

せっかく気持ちよく寝てくれたと思ったら、夜中に激しく泣き出す我が子。

抱っこしても泣き止まずに参ってしまいますよね。

今まで夜中に何度も起きることなんてないママは、本当に疲れます。

しかも次の日もまた育児を頑張らなくてはいけない・・・こんな日がいつまで続くかと思うと、疲れ切って育児ノイローゼになってしまうのです。
赤ちゃんの夜泣きの原因ははっきりと解明されていない様ですが、環境の変化や「夜は暗くて怖い」という感覚が分かってきたという、赤ちゃんの成長段階が原因とも言われています。

 

つまり元気に成長している証拠という訳です。

 

そう割り切ろうと思っても、例えばアパート住まいの人は近所に迷惑をかけない様にと必死ですから、なるべく早く夜泣きの時期が過ぎ去ってほしいと願うのは当然です。
私の場合の対処方法ですが、夜中に赤ちゃんをチャイルドシートに乗せて近所をドライブしました。

 

そうすると何故かすぐ泣き止むのです。ただ、寝起きなので運転に十分気を付ける事と、赤ちゃんが風邪をひかない様に冬場は注意する事です。

 

他の対処法は・・・ひたすら抱っこでゆらしました(^_^;)

 

パパが次の日仕事がお休みの日は、パパに頼ったりもしました。とにかく抱っこしながらストレッチ体操の様に足を曲げ伸ばししました。

もちろん辛いですが、「辛いのは私だけじゃない、今私と同じ様に育児を頑張っている人がいる」と自分を励ましました。

 

そうするとほんの少し気持ちが軽くなります。そして日中も赤ちゃんと一緒に眠って、次の夜にむけて体力を残しておく事です。

 

永遠には続きませんから家事は超適当にして、赤ちゃんと同じ生活リズムで頑張りましょう。